鎌倉長谷寺を訪れるついでに、鎌倉野菜の直販店にも

Pocket

鎌倉野菜とは?
その鎌倉野菜が何故人気を集めているのか?
せっかく鎌倉長谷寺を訪れるのでしたらついでに
鎌倉野菜の直販点も訪ねてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

鎌倉野菜のことですが、その名を知らしめたのはが
この4つがうまく融合したからと言っても
良いのではないかと思います。

1.暮らしの中の日本の野菜と西洋野菜を育てる
昔から日本で植えられてきた
キュウリやトマトなどから日本では植えられてこなかった
西洋野菜まで種類はたくさんあります。

このように少し欲張った感じがしますが
それゆえに少量多品目栽培が鎌倉野菜の特徴と言えます。
ですから、鎌倉野菜はこれと言う決まったものはないのが特徴です。

季節に応じて育つ野菜が違うので約100種にもなります。
それぞれの野菜の育ち方によって鎌倉の畑は、
「七色畑」とも呼ばれています。

2.野菜を育てる心が伝心
鎌倉の人々が気候風土に合わせて育てた
地野菜がやがて全国に知られる
ブランド野菜となって行ったのです。

スポンサーリンク

市場では、毎朝、色とりどりの新鮮な野菜が並び、
心を込めて育てた野菜を直接生産者の手から購入する事が出来ます。
もともとは地産地消の考えを元に育まれたのが鎌倉野菜です。

その評判を全国に知らしめたのは、
美味なる食材を探し求め歩いたシェフたちが
たどり着いたのが鎌倉でした。

そのシェフたちが競うように
食材の選びが大事と言い始めたのが
きっかけとなったようです。

3.野菜の力?を感じさせる
いつもの料理を鎌倉野菜で作ってみると、
野菜そのものの美味しさが引き立ちます。

ひと口食べればわかる味の良さ。
これが鎌倉野菜の真骨頂でしょうか。

新鮮だから、野菜力があるから、
そのまま食べても美味しいのが鎌倉野菜の魅力です。

サラダはもちろん鍋料理や炒め物にしても、
いつもとはひと味違った仕上になります。

さらに、フレッシュなハーブも豊富ですので、
これをお料理のアクセントに加えると
一層美味しくいただけます。

4.気持のこもった野菜作り
作る人がいつも新鮮・安全・安心をお届けすると決め
真心を込めてつくられた鎌倉野菜です。

小さな畑だからこそ手間ひまをかけて育てられます。
栽培される鎌倉野菜の基本は、
なんといっても新鮮・安全・安心なのです。

どの野菜にも、生産者の真心と想いがたっぷりと込められています。
限りなく農薬を使わないことにこだわる農家さんです。

もともと地産地消と言う環境の中で育まれた
生産者と消費者が近い関係ですので、
つくり手の顔が見えるから安心です。

そして、鎌倉野菜の工房ですが、
鎌倉駅の近くの「鎌倉野菜工房」というところがあります。

鎌倉でとれた新鮮な野菜、湘南の海でとれた旬の魚を、
もっと沢山の人たちに広めたいとの
強いおもいから作られたとお聞きしました。

鎌倉で生まれ育った店長のそんな思いが伝わってきます。
地元でとれた野菜や魚を素材の味を生かしたピクルスやスモークにすることで、
より長くより美味しくお楽しみいただけますよ。

鎌倉長谷寺を訪れるついでに、
鎌倉野菜工房を訪ねてみてはいかがですか。

場所は、鶴岡八幡宮へ行く途中にあります。
横須賀線 / 江ノ島電鉄線 鎌倉駅下車、東口 徒歩5分になります。

また、鎌倉市笛田地区には実際野菜を作っている農家さんも
あって、直接お話をされるのもいいかもしれませんです。

楽しみが膨らみます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする