秋バテに悩む30代女性が増えた?その対処法は体温が上り効果が出る4つの方法で!

Pocket

最近の気温の変化に戸惑いながらも
少し涼しくなってホッとしているなかにあって、何か変?
と感じているその不調は秋バテかもしれません。
秋特有の体調不良を改善するコツを知っておきましょう。

夏バテを乗り越えたかな?
と思っている方も
秋を迎える9月下旬頃からあらわれる秋バテもあります。

夏バテは真剣に対策をやっていた方も
秋バテになってしまう方もの多いようです。

秋バテの原因や対策方法、予防方法について
お伝えしています。

秋バテには2つのタイプがあります

暑い夏ゆえに現れる夏バテの症状とは違い、
涼しくなった秋になったからこそ現れる秋バテも。

カラダがだるい
食欲不振、胃腸の調子が悪いなどいろいろな症状が
夏バテによく似ています。

秋バテはもともと虚弱体質の方が夏バテのまま
秋まで長引くタイプと

夏バテを乗り越えて
秋になってから不調を訴えるタイプがあります。

どちらも倦怠感(けんたいかん)と
疲労感があって
食欲不振の症状も同じです。

そもそも何故秋バテが起きるの?

夏は暑いものですから
カラダは自然と体温を下げるようにするため
エネルギーを使います。

ところが
今はふつうにエアコンの効いた部屋で過ごす機会が
多くなっています。

自宅ばかりか、通勤途中でもエアコンの効いた電車やバスに乗りますし
職場でもエアコンの効いた部屋で仕事をします。

冷えた体は自然と熱を作り出すためにエネルギーを使い
そのためにすっかりバテてしまいます。

体温調整にあなたの自律神経が
バランスを崩してしまい不調が長引いてしまいます。

その上、
夏の間は冷たい食べ物や飲み物を口にする機会が多く
あなたの内臓が冷えきってしまっています。

そのため
自律神経にかかる負担と
カラダの冷えから

秋になって不調が顕在化(けんざいか)して
秋バテになる人が多いのです。

秋になるとゆううつになる?

さらに
秋になると気圧の変化が影響してきて
ヤル気が出ない、憂鬱(ゆううつ)になると言った
精神的な不安定が出てくることもあります。

秋雨前線が日本列島を覆い(おおい)尽くして
停滞すると状況は悪化します。

台風や低気圧が近づくと
空気中の酸素の濃度が薄くなり
カラダを休める副交感神経が活発になるためと言われています。

秋バテ対策とは?

先ほどの様に
カラダが内外から冷えていますので
対策は、内外から温めるのが良いんです。

スポンサーリンク

中には自分自身で冷えを感じていない人もいます。
でも冷えていることが多いんです。

ではどうすればば冷えているかどうかが分かるのでしょう?

簡単です。
体温計も温度計もいりません。

朝目覚めてすぐ!
直ぐです、
脇下に自分の手のひらを差し込み、
その手でお腹を触ってみてください。

お腹を触った時に
お腹の方が冷たく感じたら
冷えています。

カラダが芯から冷えています。

簡単でしょう。
早速明日の朝にやってみてください。

そこで体を温めるにはどうするか?

朝にウォーキングをするのが良いですね。
わずか10分でも、15分でも良いですから。

そんな暇がない方は
朝、通勤時間を使って歩く距離を長くとる。
例えば遠回りするとか、次の駅まで歩くなどがいいですよ。

電車ではいつも座っている人は
座席に座らず、つり革につかまって
つま先で立つ動作を繰り返しやってみる。

これだけでも
からだが温まってきます。
中々実感ができないかもしれませんが大丈夫です。

からだを温める他の方法は?

仕事が終わって帰宅してから
食事をすることになると思いますが、

食材を極めましょう!
せっかくの秋ですから
でも無茶食いはいけません。

夏に冷たい食べ物や辛いものや
脂っこいものを多くとっていたので
胃腸の働きが落ちています。

消化の良いものを
選んで食べましょう。
もし、コンビニで調達している人でも選ぶときに配慮してね。

秋は旬な食べ物が沢山あります。
たとえばお米、サトイモ、栗等

その他
サンマやイワシも良いですよ。

それに、
レンコン、梨、ぶどうなどの
食材を摂るようにすると良いです。

特に注目するのは
サトイモやヤマイモは
ぬめり成分が胃腸の粘膜を保護する働きがありますので
意識して食べる様にすると良いですね。

秋刀魚(サンマ)やイワシなどは


ミネラルやビタミンが豊富ですので栄養面でも優れていて
疲労回復にはもってこいの食材ですね。

それともう一つ大事な事ですが
食事は一口ごとに30回を目安に
よく噛んで食べましょう!

よく噛んで食べると
消化が良くなるだけでなく
カラダが温かくなります。

以前、体調を崩したときのことでしたが
食事をしている最中に
それだけで汗をかいたことがあります。

本当にすごいです。体温が上がります。

驚きました。

朝、一杯のコーヒーよりも・・・

体調の良い時は別として、
朝一杯のコーヒーよりも朝のお味噌汁をおすすめします。

私は欲張りだから
みそ汁に、コーヒーも愛飲しています。

味噌は発酵食品ですから
消化吸収の良いアミノ酸やミネラル、ビタミンB群が
豊富ですので疲労回復を助けてくれます。

簡単にお味噌汁を摂るには
忙しい朝は
カップのお味噌汁にお湯を注いで出来上がりです。

便利なよのなかですね。有難くいただきましょう。

その他の身体の温め方?

一日の締めくくりは
やはりお風呂に浸かるのが一番です。

ですが。
お風呂の入り方を工夫しましょう。

テレビや、スマホはやめて
ゆっくり38~39度のお湯に
10~30分ほどつかりましょう。

それに湯船では
血行を良くするために
肩まで浸(つ)かって全身浴をしましょう。

ただ、心臓に問題がある人は
半身浴にしてくださいね。

あと、貧血や肝臓・腎臓に問題があるときは
倦怠感が出ることがあります。

いろいろやってみても
あまり効果が実感しないときには
内科の受診をしてくださいね。

スポーツや行楽には素晴らしい季節です。
生活習慣を見直し、楽しい暮らしを手にいれましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする