三陸・大船渡 東京タワーさんままつり! 確実にさんまを食べる方法?

Pocket

三陸・大船渡 東京タワーさんままつり! 確実にさんまを食べる方法?

三陸・大船渡 東京タワーさんま祭りの由来は
もともと目黒のさんまに由来するそうですが、

三陸の「三」
さんまの「さん」
産地直送の「産」
東京タワーの高さ333mの「3」
東京タワー創立の昭和33年の「3」
などをかけて3,333匹のさんまが振舞われているそうです。

スポンサーリンク

当日は大船渡港から直送された新鮮なさんまを、
大船渡からこの日の為に上京したスタッフの皆さんの
熟練した〝炭火焼”の技で香ばしく焼き上げ、

さんまを引き立てる「大根おろし」に
「辺塚だいだい」を添え、
千葉県山武市の「さんまに良く合うしょうゆ」とともに、

3,333名様に無料配布されます

この他会場では、大船渡のご当地バーガー
「大船渡さんまバーガー」1,000食を限定販売するほか、

さんま本来の旨みと香りが味わえる大船渡の伝統料理
「さんますり身汁」も限定で2,000食販売します。

特設ステージでは、
三陸出身のアーティストによるLIVE、
ラジオ日本の公開生放送等、豪華ゲストが続々登場!
9月23日(祝)は秋分の日!
秋の味覚を東京タワーで思う存分堪能して下さい!

先着3,333人分のサンマが用意されていて
無くなり次第終了となります。

日程ですが、9月23日(土曜日・祝)です。
雨天決行、荒天中止

時間  9:00~16:30(9:00~開会式)
炭火焼サンマをもらうには「サンマ引換券」が必要。
「サンマ引換券」は、会場で朝7:30から配布予定。

会場 東京都港区芝公園4-2-8 東京タワー
東京タワー屋外特設会場

アクセスですが

赤羽橋(徒歩5分) / 御成門(徒歩6分) / 神谷町(徒歩7分)
/大門(徒歩10分) / 浜松町(徒歩15分)

確実にさんまを食べる方法があります

さんままつりでおいしいさんまを食べるには
さんま引換整理券が必要になります。

引換券に引換時間が記入されているので、
その時間にさんまを受け取りに行くことになります。

ちなみに引換時間は選択できません。
それは仕方ないですね。

すぐに食べられるとラッキー!!
と思うと良いですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする