2017秋の彼岸の入りはいつ?そもそもお彼岸とは?

Pocket

お彼岸というのは、1年に2回春と秋にあります。
でも、いつからいつまでがお彼岸なの?と知らない人が多いと思います。
それに彼岸の入りは聞いたことはあるけどあとはね・・・。
とそこまでなのかもしれません。

そもそもお彼岸って何なの?と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

2017年秋のお彼岸はいつから?

ということで、今日は2017年秋のお彼岸はいつからいつまで?
お彼岸って一体どういう由来があるの?
についてチョット知って見たいと思っている方に読んでいただこうかなと思います。

2017年のお彼岸は、
春分・秋分を中日とし、前後各3日を合わせた各7日間を言います。

秋のお彼岸というのは、「秋分の日」の中日として前後3日間の合計7日間がお彼岸
で、具体的には今年の「秋分の日」が9月23日土曜日なので
秋の彼岸入りは2017年9月20日水曜日ということになります。
そして彼岸明けは9月26日火曜日になります。

また、秋分の日(しゅうぶんのひ)は、日本の国民の祝日の一つで、日付は天文学上の秋分日。 しばしば「昼と夜の長さが等しくなる。」 といわれますが、実際は昼の方がすこし長い。

一体お彼岸とは何なのか?

一体お彼岸とは何なのか?ということを知らない方も多いのではないでしょうか。
では、お彼岸とは一体どういうものなのかをご説明させていただきます。

スポンサーリンク

お彼岸は年に2回春と秋にあります。
春のお彼岸の中日つまり「春分の日」は、「自然をたたえ、生き物を慈しむ日」であり、秋のお彼岸の中日つまり「秋分の日」は「先祖を敬い、亡くなった方々をしのぶ」日とされています。

お彼岸は、なんとなく仏様に関することかなって感じている方も多くいらっしゃるとおもいます。
そのとおりで、仏教では、ご先祖様たちのいる世界を「彼岸」と呼び、今私たちが生きている世界を「此岸(しがん)」と呼んでいます。

彼岸は西に位置しており、此岸は東に位置するとされているため、春分の日と秋分の日は太陽が真東から昇り、真西に沈むため「彼岸」と「此岸」がもっとも近くなり通じやすい日になると考えられております。

先祖様や亡くなった方をしのぶ

この時期にご先祖様や亡くなった方をしのぶようになったということです。

秋のお彼岸には、お寺にお供えやお布施としてお菓子・お茶菓子を持参したり、
知人や 親戚の家にお供え物を持って訪問したりする場合があります。

お供え物の掛紙(かけが み)は、
それぞれの用途によって水引の種類の掛紙(かけがみ)の書き方が異なります。
これを覚えておくと役に立つことがあります。

彼岸入りの日を、
日頃なかなか手入れが届かないお仏壇やお墓などの細部まで手入れする日にして、
同時に先祖や家族のことを考える時間にしてみると良いでしょう。

家族みんなでご先祖の話しをしてみるのもいいかも

またお彼岸の機会をきっかけに家族みんなでご先祖の話しをしてみるのもいいでしょう。
やはり、家族やご先祖の話はこんな時でないと中々話はしないものですから。

亡くなったおじいちゃんや、おばあちゃんのことを偲んで話をすると
意外な一面を知ることが出来たりして、ほのぼのとした気持ちになることがあります。

このように彼岸入りだから「やらなければならないこと」は
特にありませんが、お墓参りをしたり、家族に会ったり、彼岸入りから7日間は、
感謝や縁を改めて感じる時間として過ごしてみてはいかがでしょうか。

2017年のお彼岸

彼岸入り 中日 彼岸明け
3月17日(金) 3月20日(月)<春分の日> 3月23日(木)
9月20日(水) 9月23日(土)<秋分の日> 9月26日(火)

お彼岸が近づくと、真っ赤な彼岸花が咲いています。
いつの間にかお彼岸が近いですよ!といって忘れていたお彼岸を思い出せてくれます。
晩夏の紅い花といえば彼岸花(曼珠沙華)ですが、
沖縄での夏の紅い花はやはり、ハイビスカス(ブッソウゲ:仏桑華)ですね。

やはりどちらの花にも仏様に関する名前や文字をあてがっています。
不思議ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする