「ふるさと納税」は利用しないと損!

Pocket

「ふるさと納税」は利用しないと損!

今回「ふるさと納税」を初めて利用しましたが、
あまりのお手軽感に「なぜ今までやらなかったんだ!」
と後悔しきりです。

控除上限額までまだ少しあるので、
新たな寄附先を楽しくセレクト中です。

スポンサーリンク

12月までなら間に合います

12月までなら今年の手続きに間に合いますので、
「ふるさと納税」をまだ利用していない方は、
一度試してみることをお薦めします。

そもそも「ふるさと納税」って何ですか?

「ふるさと納税」とは、
簡単に言うと日本全国の好きな自治体への寄附のことです。

普通、税金は自分が住んでいる都道府県・市区町村に納めます。
「ふるさと納税」は、寄附というカタチで
居住外の地域も応援できる制度なんです。

都会に出て来て
出身地が過疎化が進む中
自分の故郷はやっぱりいいもんだと感じても

田舎で仕事は見つからないし
仕事そのものがないので
どうしようもない。

そんな発想から

自分の田舎を応援しようと
始まった制度です。

それが
自分の田舎でなくても
良いことになったことで

自分で選んで地方の町や市を応援できるようになって
応援してもらった側は
そのお礼に町の特産品を贈ることをするようになって
今の形が出来上がったのです。

返礼品のすばらしさがすごい!!

そんな「ふるさと納税」がなぜ注目されているかというと、
寄附した地域から送られてくるお礼の品々が素晴らしいから。

お肉や魚介、フルーツといった食べ物から、
工芸品や旅行、アクティビティまで
多彩な返礼品が用意されています。

スポンサーリンク

そして「ふるさと納税」の魅力は、
寄附した金額が税金の控除の対象になるところ。

金額に応じて税金が控除される!!

もう少し詳しく言うと
「その年の所得税」と「翌年の住民税」から控除され、
上限額以内であれば2000円を超える分は全額が控除されるんです。

つまり実質2000円で、
好きな地域の応援ができ、
その地域の特産品など素敵な返礼品がもらえるわけです。

手続きの簡略化で手軽に利用できるように

そうは言っても、
納税っていうくらいだから
手続きが面倒と思われる方もいらっしゃるでしょうが、

これがとっても簡単なのです。
控除を受けるためには原則として
確定申告をする必要があるのですが、

例年、確定申告をしていない人は、
ふるさと納税を行った自治体に申請することで
確定申告をしなくても税金が控除される仕組みになっています。

画期的!!ふるさと納税ワンストップ特例制度

これは「ふるさと納税ワンストップ特例制度」と呼ばれる制度で、

「ふるさと納税」を行なう自治体が5団体以内であることが条件。

「ふるさと納税」を行った自治体から
送られてくる申請書(A4の用紙1枚)に記入

本人確認資料を添付して返信用封筒で送るだけです。

「ふるさと納税」の流れはこうだ!!

「ふるさと納税」の流れをまとめてみるとこんな風です。

1. 寄附する自治体と返礼品を選ぶ

2. ふるさと納税に申し込む

3. お礼の品を受け取る

4. 寄附金税額控除の申請書を送付

確定申告をする人は
申請書の送付ではなく、
自治体から送られてくる寄附金受納証明書を保管。

3月15日前後までに

翌年の確定申告のときに、添付して申請します。

こうしてみると、
ものすごくシンプルです。

ということで、
私も実際に「ふるさと納税」をやってみました。

ANAのふるさと納税はもっとお得!!

寄附のお礼に、
ANAから寄附金額100円につき
1マイルをプレゼントします。

ANAのふるさと納税経由で寄附をすると、
寄附金額100円につき1マイルがプレゼントされます。

なお、マイルはANAの特典航空券などと交換できます。
<例>10,000円寄附した場合、100マイルをプレゼントします。
※ ANAマイレージクラブ会員である必要があります。

クレジットカードで簡単に寄附ができます。
ANAのふるさと納税に参加している自治体は全て、
クレジットカードでの寄附受付けに対応しています。

ふるさと納税の流れ
初めてふるさと納税する方は、
まずはこちらの動画をチェック!

応援の仕方は様々です。
ご自分にあったやり方が出来るのは
嬉しいですね。

今まで全く関係のなかった町や市とつながりができて
その土地の人とお話ができることは
素晴らしいことだと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする