運動会・体育祭のスローガン 四字熟語でカッコ良く ”一致団結!勝利を目指そう!”

Pocket

スポーツと言えば秋、というイメージも強く
小中学校の運動会や体育祭も
秋に開催されるところがまだまだあります。

その
運動会・体育祭は学校の一大イベントですものやるからには、
小学校や中学校、高校の運動会や体育祭で
スローガンを掲げて皆で一致団結して勝利を目指しましょう!

でもどんなスローガンにすればよいか迷いますよね。
そこでパターン別に集めてみました。
スローガンをご紹介しますね。

イメージに合うものを選んで使ってみてください。

スポンサーリンク

漢字4文字の四字熟語を使ってそのまま気持ちを表す

常勝無敗(じょうしょうむはい)
切磋琢磨(せっさたくま)
四苦八苦(しくはっく)
弱肉強食(じゃくにくきょうしょく)
捲土重来(けんどちょうらい)
優勝劣敗(ゆうしょうれぱい)
不撓不屈(ふとうふくつ)
優柔邁進(ゆうじゅうまいしん)

元気発剌(げんきはつらつ)
和気藹々(わきあいあい)
颯爽奮起(さっそうふんき)
縦横無尽(じゅうおうむじん)
天下無双(てんかむそう)
奮励克己(ふんれいかつこ)

勇猛果敢(ゆうもうかかん)
意気軒昴(いきけんこう)
威風堂堂(いふうどうどう)
為虎添翼(いこてんよく)
ピッタリの四字熟語は見つかったかな?

つぎに、四字熟語をもじったようなのはどうかな?

四文字熟語をもじって気持を表す

☆選手よ勝利を抱け(少年よ大志を抱け)

☆時は白なり (時は金なり )

☆勝利は鍛錬のあとに想うもの(故郷は遠きにありて想うもの)

☆僕の前に道はない、僕の後ろに道は出来る

☆あなたが受け取るすべての物は、あなたが与えたすべての物

スポンサーリンク

☆人間万事塞翁が馬

組やクラスのいろをだすならこれもありかな?

組の色に掛けて4文字かサブタイトルと組み合わせ

「白龍無双」  (はくりゅうむそう
「絢爛緑鰐」(けんらんりょくがく)
「赤華皆咲」(せっかかいしょう)
「爽緑結集」(総力結集)
応用編
「勝利の咆哮・○○組」「栄光へ、翔けろ。」
「安心と信頼の○○組」「激走!!ぶっこみ上等!!」
「平和的共存・○○組」「頑張ります!~お客様は神様です~」

リズム感を大切にするなら五・七・七の中に熟語を入れるのも。

五・七・七のリズム良く

「掴み取れ そして輝け 勝利の道へ」
「運動会 五輪のような 感動を」
「友情を 笑顔でつなぐ 空のした」
「全力で 駆け抜け 笑え 大空へ」
「宿題を ぜんぶやったぜ 俺すげぇ」
「後ろ見て 第二走者が 来るの待つ」
「給食が 学校一の お楽しみ」
「2学期は 力を入れて 勉強だ」
「勉強は 目標たてると やる気出る」
「ありったけの 知恵をしぼって この程度」
「運動会 練習したけど 熱が出た」
「火花飛ぶ キャンプファイアー 影ゆらら」

ドラマのタイトルやセリフもいいかも!

ドラマタイトルで力を誇示

「風林火山」

「ピンチは最大のチャンス」

「目指せ優勝!最後まであきらめるな!」

「一致団結!頂上目指して熱くなれ」

「走りぬけ 勝利に向かって最後まで」

「輝け! みんなが主役の運動会」

「走れ!跳べ!汗が輝く 運動会」

「一心不乱に、勝利目指して突っ走れ!」

運動会のスローガンが「絆」だとすると
き:気炎万丈
ず:ずっと仲良く
な:なんでもチャレンジ
というように表記する。

四時熟語にサブタイトルをつけるのもリズムが出て気持ちも出ていいかも。

熟語とサブタイトルを組み合わせる

「成長仲間 ~出会い、共に希望に満ちた未来へ」
「大願成就 ~心を一つに 優勝へ~」
「時節到来 ~今、輝く時!~」
「一致団結 ~協力の上に人は立つ~」

流行り言葉をもじったりしても

流行の言葉をもじる

「気合いだ!笑顔だ!全力だ!熱いハートで燃え上がれ!」
「いつやるの?今でしょ!」
「安心してください!優勝しますよ!」
「絆を深め 心をひとつにみんな輝け!」
「進撃の巨人 やがては一番だ!」
「燃えよ剣 燃えよ赤!」
「栄光の架橋 あきらめない!」
「本気、元気、やる気、笑顔いっぱい」

さ~!どっだったかな? きっと見つかったに違いない!!
「大願成就 ~心を一つに 優勝へ~」

まとめ

1.漢字4文字を使う・・・・・・・・・そのまま(気持ちを表す)
2.四文字熟語をもじる・・・・・・・・おもしろみを演出!
3.組の色に由来する・・・・・・・・・運動会や体育祭の組み分けの色を使う
4.5・7・5にする  ・・・・・・・・・リズムを大事にする
5.ドラマタイトルをもじる・・・・・・・気持を共有する
6.熟語とサブタイトルを組み合わせる・・気づきと流れをつかむ
7.流行の言葉をもじる・・・・・・・・・会場と一体感を生む

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする