ハッピーマンデーと敬老の日の関係は?2017年は「シルバーウィーク」にならない?

Pocket

ハッピーマンデーと敬老の日の関係はあるの?
と素朴に疑問を持っている人が多いみたいです。

ハッピーマンデーは2002年に導入が決まり、
それ以降の敬老の日は「毎年9月の第3月曜日」と決められました。

それまでは
敬老の日は9月15日として固定されていましたので、
曜日が毎年異なっていました。

敬老の日は「毎年9月の第3月曜日」と決められ
ハッピーマンデー制度によって
「土曜日・日曜日・月曜日」の3連休にすることが狙いです。
この制度が導入されて以降、3連休が多いな?と感じるようになっている人が多くなりました。

つまり、
ハッピーマンデー制度とは、
日本において国民の祝日の一部を、
従来の固定日から特定週の月曜日に移動させた法律なのです。

あらかじめ、3連休だとわかっていますと
お出かけもしやすいし、
何かやりたいこともやりやすいものです。

やはり2日間の休みよりは3日間の方が
断然できることの範囲が広がりますよね。

さらに敬老の日は秋分の日や土日がうまく重なり、
「シルバーウィーク」と呼ばれる
ゴールデンウイーククラスの連休になる年度があります。

ただし、
今年2017年の場合は大型連休にはならない配置となっています。
残念ですが。

チョット話がそれますが、大型連休は嬉しいのですが、
終わった後なかなか元のような体の動きが戻ってこなくて
仕事が元のペースに戻るのに時間がかかります。

あなたはどうですか?
私は3連休と、とびとび休日のほうが
良いかも知れないとかんじています。
それの方が生活のリズムが徐々にもとのペースが戻って来て・・。

スポンサーリンク

先ほどもふれましたが、一年に数日ある祝日のなかで、
9月にある祝日といえば、「敬老の日」です。

9月は、
まだまだ暑い日があったりするけど、
朝と夜はだんだんと涼しくなって、
心地よく感じられ、
少し活発になって来る季節ではないでしょうか。

ですが、敬老の日といえば、
いつも9月15日
と答える年代の方も多いとおもいます。
実は、私もそうですが。

以外とそのように認識している人が多くいるようですし、
もし9月15日が思い浮かばなかったとしても、
敬老の日っていつだっけ?たしか9月だったようだけどとなりがちです。

先ほどハッピーマンデー制度が制定されて
毎年、敬老の日の日にちが変わりますといいましたが、

今年2017年の敬老の日がいつなのか?
ハッピーマンデーとは?を確認しておくといいですね!

こては、今年2017年の敬老の日は
9月18日(月)です。
祖父母の顕在の方は感謝の言葉をメッセージにして
現すのも良いかも知れませんね。

公務員や中規模以上の企業を中心に週休2日制が浸透したため、月曜日を国民の祝日とする事によって土曜日・日曜日と合わせた3連休とし、余暇を過ごしてもらおうという趣旨で制定された。
「国民の祝日に関する法律の一部を改正する法律」(平成10年法律第141号)によって「成人の日」および「体育の日」が、「国民の祝日に関する法律及び老人福祉法の一部を改正する法律」(平成13年法律第59号)によって「海の日」および「敬老の日」が、それぞれ月曜日に移動した。
将来は「山の日」が、月曜日に移動する予定とか。
なお、移動方法については「従来の日付に近い方の月曜日」のような追従型でなく、「○月の第○月曜日」のように固定型となっている。
これらの祝日設定は、アメリカ合衆国にある同様の制度(月曜休日統一法)の設定にならったものである。また、祝日が月曜日に集中することにより、学校のカリキュラムで月曜日の授業が消化できないことや、三連休となることにより医療機関に通うことができない日が続くといった問題点もある。このうち「勤労感謝の日」に関しては、「秋の大型連休」構想(シルバーウィーク : 10月末 – 11月頭の大型連休)として「体育の日」と「勤労感謝の日」を「文化の日」前後へ移動させ、土曜日・日曜日や振替休日、国民の休日と合わせて5連休以上にすることが2007年5月に当時の与党によって検討されたことがある。
景気対策を狙ったものだったが与党内からも「祝日の本来の意味が失われる」と反対論が多く、実現には至らなかった。
もっとも、現行法でも暦の関係で9月の大型連休(土日の週末連休 + 敬老の日 + 国民の休日 + 秋分の日の5連休)が発生することはある(実例:2009年〈平成21年〉、2015年〈平成27年〉)。(ウィキペディアより)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする