シルバーウィーク由来 シルバーウィーク2017はどうなるの? 敬老の日との関係とプラチナウィーク

Pocket

シルバーウィークとは?

シルバーウィークの由来は
日本の映画会社である大映の専務によって
1950年代前半に作成され
同社によって提唱されたものです。

具体的には、

スポンサーリンク

宣伝用語だった!

4月末から5月初めの大型連休の呼称
「ゴールデンウィーク」と同様に、
同じ松山英夫氏が作成し同社によって提唱されたものです。

同社は秋の
文化の日を中心とした期間を
「シルバーウィーク」と名付け宣伝を行った。

なお、ごく一部の文献では、
シルバーウィークの期間を「11月下旬の勤労感謝の日の前後」としているものもあります。

1950年代、映画界によって作成・提唱された、
文化の日を中心とした一定期間を指す映画の興行を打つ宣伝用語でした。

秋の大型連休の通称

「シルバーウィーク」は、
9月または10月末 ~ 11月に祝祭日が多い大型連休の通称でもあったんです。

日付の並びなどで
2009年に初めて発生した、9月の大型連休のことを差していました。

2007年に、当時の与党で検討された、
現行の祝日の日付を移すことで
10月末から11月初旬に構想された大型連休のことを言います。

この時期を「シルバーウィーク」と呼称するのは
「ゴールデンウィーク」に類似する要素があることから
とされたのです。

シルバーが老年世代の意味も含むことから、
「敬老の日」を含む連休という意味もあります。

アンケート調査の結果1位?

2000年代の中頃でもその動きがあった。
2008年11月、三菱電機ビルテクノサービスが
「2009年カレンダーについての調査」を同社公式サイトで行い、

その中で「2009年9月(の連休)に名前をつけるとすれば?(回答方法:フリーアンサー)」
という設問があり、「シルバーウィーク」が1位となったんです。

スポンサーリンク

この結果がテレビやインターネットなどで報道され、
国内外ツアーを企画する旅行代理店などが
この言葉を使い始め一気に定着して行きました。

(春の)(秋の)大型連休とは?

NHKや一部の民放、新聞などは「ゴールデンウィーク」については、
言葉が映画業界用語だったことから、
NHKで禁止されている
業界の宣伝(放送法第83条(広告放送禁止規定)に抵触する)になることや、

年配者に分かりづらいという理由などで、
単なる「(春の)大型連休」という表現で統一している。

この「シルバーウィーク」についても同様に、
「(秋の)大型連休」への表現差し替えが行われている。

JRの利用制限がある?

春の大型連休や旧盆、年末年始は
JRの特別企画乗車券の利用制限がかかりますが、
秋の大型連休には利用制限がありません。

「プラチナウィーク」?

毎年連休というわけでない希少性から「プラチナウィーク」、
「(黄金週間に対比して)白金週間」と呼ばれることもあります。

現行の祝日法の規定が変わらないと仮定した場合に、
2100年までに該当するのは

9月19 – 23日の5連休となる年は
2009年、2015年、2026年、2037年、2043年、2054年、2071年、2099年

9月18 – 22日の5連休となる年は
2032年、2049年、2060年、2077年、2088年、2094年
の各年であると予測される。

東京オリンピックの年に何が起きる?

ハイ。
秋分の日が9月21日または22日で、
かつ火曜日の場合、前日が第3月曜の敬老の日となる。

この場合、国民の休日は無いものの、
日曜・敬老の日・秋分の日と日曜・祝日が3日続くため、
3(4)連休でのシルバーウィークとなる。

最初の適用年は2020年である。
即ち、東京オリンピックの年になります。

まとめ

シルバーウィークとは宣伝用語だった

秋の大型連休の通称をシルバーウイーク

アンケート調査の結果1位となったのはシルバーウイークでした

春の/秋の大型連休とは

JRの利用制限がある?

「プラチナウィーク」?

東京オリンピックの年に何が起きる?

10月末 – 11月の大型連休
体育の日を11月1日に、勤労感謝の日を11月5日に移すことによって11月3日の文化の日と併せて秋に大型連休を作る構想があり、2007年5月に当時の与党の自由民主党と公明党との間で検討された。
文化の日とそれぞれ挟まれる11月2日、4日を「国民の休日」とし、最低でも5連休、曜日配列によっては最大9連休が実現する可能性がある。
しかし、景気対策がねらいのこの構想に対して、「勤労感謝の日」が宮中祭祀において最重要とされる「新嘗祭」に由来するものであること、さらに、直接的なつながりはないものの1873年から続く最も歴史のある祝祭日であり(固定日のものとしては唯一)、すべての年齢層に定着していることから、自由民主党内では保守派を中心に「祝日の本来の意味が失われる」と移動案に反対論が多い。
調査会社の中央調査社が2007年10月に全国の20歳以上の男女1347人から回答を得て、全体の63%がこの構想を「取り入れない方がよい」という結果であった。
仮に「10月末 – 11月の大型連休化」が実施されたとすると、次のようになる可能性がある。(土・日を休日とする。振=振替休日、休=国民の休日)
2017年 11/1(水・祝)、11/2(木・休)、11/3(金・祝)、11/4(土・休)、11/5(日・祝)、11/6(月・振)の6連休
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする