お歳暮とは?  お中元との違いは何? 知らないと恥をかくお歳暮の事!

Pocket

お中元とお歳暮の違い
あたりまえですがまず、
「お中元」と「お歳暮」では贈る時期が異なります。

スポンサーリンク

地域によって「お歳暮」のお送りする時期はことなります。

お歳暮はいつ

東日本で11月下旬~12月20日前後、
西日本では12月13日~20日前後となっています。

「お中元」はいつ

東日本では7月上旬~15日まで、
西日本では7月中旬~8月15日までが一般的です。

何故違う東の西で?

東日本と西日本でお中元の時期が約半月ずれているのは、
東日本が新暦の7月15日を基準にしているのに対し、
西日本は旧暦の7月15日を基準にしているからです。

しかしながら
世の中がグローバル化したとはいえ
お中元を贈る時期は地方によって異なります。
送り先の地域の習慣に合わせて贈るのがマナーなので、
時期を間違えないように気をつけましょう。

お中元とお歳暮はセットで考えましょう!

また、お中元とお歳暮はセットで贈るのが一般的ですが、
どちらかというと一年の締めくくりである
お歳暮のほうが重視される傾向があります。

毎日のやりくりに比べ金額が・・

「金銭的にどちらも贈るのはちょっと負担が大きい」という場合には、
お歳暮だけにしてもよいでしょう。

金額のバランスがある?

どちらも贈る場合は、
お歳暮のほうを少し気持ちばかり高めの品物で贈るのがマナーとされています。

スポンサーリンク

お中元とお歳暮で人気の品物

お歳暮は冬の寒い時期に対してお中元は夏の暑い時期なので、
季節という点からも人気の品物は変わってきます。

お歳暮は食べ物ならあたたかなものを

お歳暮は、鍋に最適のかにやふぐなどの海産物、
お正月に大人数で食べることができるような
肉類やハムなどが人気です。

ビールやフルーツもお歳暮では
一定の人気があります。

お中元は食べ物なら冷たいもの

一方、毎年猛暑が続く中で、
お中元の上位に入る人気者はビールや清涼飲料水。

おいしい湧水といったミネラルウオーターなども人気です。
また、そうめんやうどんなど、
夏の風物詩といえる食品やすいかやメロン、マンゴーなどの
フルーツも毎年定番の商品になっています。

お歳暮とお中元のどちらにも共通な物

これらのほかに、どちらにも共通する人気の品として
焼き菓子や各地のご当地グルメの取り寄せ、
商品券などがあります。

これらは毎年どのデパートでも上位にランクする贈り物です。

心に残る贈り物にするためには

お歳暮にしてもお中元にしても
「お酒が飲めない人にビールを贈った」とか

「コーヒーが苦手な人にコーヒーセットを送った」など
ということにならないように、
さりげなく、相手の好みや家族構成を聞いて品物を選ぶことがとても大切です。

贈り方にも配慮を

さらに一歩進めて、贈る品物はもちろんのこと、
贈り方にも配慮が行き届いていれば、気持ちはいっそう伝わります。

例えば、「事前に受け取れる日時など相手の予定を確認する」
「消費期限が短めの生鮮食品を贈る場合には家族が集まる正月直前にする」
「忙しくてなかなか荷物を受け取れそうにない相手には
腐りにくく賞味期限が長いビールやお菓子、のりなどを選ぶ」などの配慮です。

こうした、
ちょっとした心遣いがあるとないとでは相手に与える印象は全く違ってきます。
相手の状況をよく考えて選ぶことがなにより重要です。

お中元とお歳暮にはいくつかの違いはあります

どちらも「お世話になった人に対して定期的に感謝を伝える」
という点では同じです。

一度始めると続けることも大事

また、いずれも一度始めると続けることも大事になってきます。
だからこそ、個人であれ、ビジネスであれ、
今までと今後の関係の双方をよく考えた上で誰に何を贈るかを決めましょう。

まとめ

「お歳暮」のお送りする時期はことなります。

お中元とお歳暮はセットで考えましょう!

お歳暮は食べ物ならあたたかなものを

心に残る贈り物にするためには

贈り方にも配慮を

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする