敬老の日とは? お年寄りを敬い感謝し長寿を祝い 長生きと健康を祈る日です。

Pocket

敬老の日とはお年寄りを敬い感謝し長寿を祝い
長生きと健康を祈る日です。

敬老の日は毎年9月の第3月曜日、今年2017年の敬老の日は?

2017年の 敬老の日は9月18日です。

敬老の日の由来、お祝いの言葉をメッセージカードで
どんな風に伝えるのかを整理してみました。

敬老の日の由来、敬老の日とは

9月の第3月曜日。「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」日。
1966年(昭和41)「国民の祝日に関する法律」の改正により建国記念の日、体育の日とともに追加制定された国民の祝日です。

もとは聖徳太子が四天王寺に悲田院(ひでんいん)を設立したと伝えられる日にちなんで、
1951年からとしよりの日、64年から老人の日とよばれ、敬老行事が行われてきました。

2001年(平成13)の法改正により、9月15日であった敬老の日は2003年から9月の第3月曜日に変更されました。
また、老人福祉法の改正により、2002年から9月15日を老人の日、同日から21日までを老人週間と定められました。

お祝いの言葉をメッセージカードに

あなたの気持ちが、思いが精いっぱい伝わることを願って
書いてみました。

お約立てることを祈念します。

敬老の日に
お声かけする言葉はどんなことでしょうか?
いざメッセージを書こうとすると迷ってしまいませんか。

そう考えて困ってしまったときは、
「かけられてうれしいのはどんな言葉でしょうか?」

それは、

スポンサーリンク

親と子の間でしかわからないこと

親と子とで、一緒に過ごした時のこと
一緒に経験したこと
つらかった時に声掛けや、無言でささえてくれたこと
そのことが一番うれしいのです。

その時の言葉を伝え感謝の言葉にするととても良く伝わりますよ。

過ぎ去った時代、時代のこと

小学6年生のころの
何でも知りたがり屋で親を超えようとしていたとき
超えられないようにふるまっていた時
中学2年生のころ。
社会の事が分かりかけて生意気な言葉に
それを超える難題を解決させようとしたこと。

いつまでたっても親は親。
甘えているのが親孝行と感じていることを伝える。

その時の言葉を伝え感謝の言葉にするととても良く伝わりますよ。

かけてくれた思い出の言葉

一人で考えにふけっていて糸口が見えないでいた時
優しく声をかけてくれて自信を持てたあの言葉
忘れない。

スポンサーリンク

その時の言葉を伝え感謝の言葉にするととても良く伝わりますよ。

無言で接してくれた行動

小学生のころ
自転車に乗れなくて泣きべそをかいていたとき
後ろで倒れないように支えてくれて、
一人で乗れるようになるまで付き合ってくれたこと。

あの時の事を伝え感謝の言葉にするととても良く伝わりますよ。

自分なりに感じた情景

いつものように
朝、出かけるときに交わしているお母さんとの会話に
疲れた声と心配だったけど
夜帰ってきて、ただいまって言った声に力がこもっていて安心した事。

その時の言葉を伝え感謝の言葉にするととても良く伝わりますよ。

家族で一緒に盛り上がったこと

家族全員がそろっていた時、そこにあった優しさや厳しさのことを
家族ですごした旅先で行き詰まってしまい、そんな時にジョークを言って
和ませてくれたあのやさしさとゆとりある行動が忘れられません。

その時の言葉や判断力のことを伝え感謝の言葉にするととても良く伝わりますよ。

暖かく見守ってくれていたこと

試験に失敗して落ち込んでしまっている自分に
誰にでも失敗はあるもの
その失敗の中からヒントを掴むことが大切だと言ってくれたこと。

その時の言葉が忘れられなく、感謝の言葉にするととても良く伝わりますよ。

厳しく叱ってくれたときのこと

今はそれでよかったと感謝していること
集団で生活するときにはある程度みんなが守らなければ
ばらばらになってしまうことがあるものです。
それを知らずに数人でやってしまった失敗を
叱ってくれたあの時を思い出して、今は感謝をしている。

その時の言葉を伝え感謝の言葉にするととても良く伝わりますよ。

気持を見える化をしてみましょう!

絵にしてみたり、言葉にしてみたり
写真を使って現してみたり

自分の気持ちを伝えるにはどれが良いのか
例えうまくできなくてもいいんです。

行動で示したり、一言言葉があれば
それでいいんです。

いつまでもお元気で、長い時間いられることを願っていることが伝わればそれでいいんです。

まとめ

・敬老の日とはお年寄りを敬い感謝し長寿を祝い
長生きと健康を祈る日でです。

・2017年の 敬老の日は9月18日です。

・かけられてうれしいのはどんな言葉でしょうか?

・親と子にしかわからないこと

・過ぎ去った時代、時代のことに関すること

・かけてくれた思い出の言葉

・無言で接してくれた行動

・自分なりに感じた情景

・家族で一緒に盛り上がったこと

・暖かく見守ってくれていたこと

・厳しく叱ってくれたときのこと

・気持を見える化をしてみましょう!

老人の日、老人週間は、
①国民の間に老人の福祉への関心と理解を深める、②老人が自らの生活の向上に努める意欲を促す、という二つの目的のために設けられています。
高齢社会のもとでは、私たち一人ひとりが、これまで以上に家庭、地域社会、職場、学校などいろいろな場面で世代間のかかわりを深め、社会全体のテーマとして、また私たちの身近な問題として高齢になっても安心して暮らせる社会づくりに取り組まなければなりません。
また、今後到来する超高齢社会に向けては、高齢者自らが高齢期のあり方について関心と理解を深めるよう取り組むことも必要です。
老人の日、老人週間には、こうしたことについて考え、取り組む一つのきっかけとして、各地でさまざまな行事やポスターの掲示などの広報活動が行われます。(地域によっては、老人の日、老人週間の前後にも催しがあります)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする