文化の日の本当の意味と由来は? 知っておくと絶対損しない、2つの理由とは?

Pocket

意外と知らない、文化の日の本当の意味。
なんとなく、憲法と関連しているようだが
どんな関係があるのでしょう?

1948年7月20日に公布・即日施行された

「文化の日」は「国民の祝日に関する法律」によって、
昭和23年(1948年)7月20日に公布・即日施行されました。

「自由と平和を愛し、文化をすすめる」日とされています。

「文化の日」の直接的な由来は、
昭和21年(1946年)11月3日に日本国憲法が公布されたことにあり、
日本国憲法が「自由と平和を愛し、文化をすすめる」ことを基調にしていることから、
この日を「文化の日」としたのです。

ちなみに、5月3日の「憲法記念日」は、
憲法が公布から半年後の昭和22年(1947年)5月3日から
施行されたことにゆらいします。

しかし、

明治節に憲法公布の日をあわせた?

文化の日は上記の経緯と関係なく定められたということになっていますが、
当時の国会答弁や憲法制定スケジュールの変遷をみると、
明治節に憲法公布の日をあわせたとも考えられます。

チョット古い話に戻りますが
もともとは嘉永5年9月22日(西暦1852年11月3日)が明治天皇の誕生日であり、
旧暦時代の明治1年(1868年)〜明治5年(1872年)は9月22日で、

新暦が導入された明治6年(1873年)〜明治44年(1911年)は
11月3日が天長節(いまでいう天皇誕生日)という祝日でした。

明治節という祝日

大正天皇の時代になって天長節の日付も変わりましたが、
明治60年にあたる昭和2年(1927年)から11月3日は
明治節という祝日となりました。

明治節は、昭和22年(1947年)まで続き、
翌年の昭和23年(1948年)から憲法公布を記念する「文化の日」となるわけですが、
昭和21年(1946年)当時の吉田茂首相は、
あえて明治節の日を選んで憲法を公布したといわれています。

スポンサーリンク

毎年11月3日に文化勲章授与式が

文化勲章は1937年に制定され、
それまでは紀元節にあたる2月11日などに表彰式が行われてきましたが
1948年以降は毎年11月3日に贈られるようになりました。


文化勲章(ぶんかくんしょう)は、
科学技術や芸術などの文化の発展や
向上にめざましい功績のある者に授与される日本の勲章です。

当時の内閣総理大臣・廣田弘毅の発案により、
1937年の文化勲章令(昭和12年2月11日勅令第9号)を以て制定されました。

文化の日に合わせて、博物館や美術館の中には入館料が無料も!

この文化の日に合わせて、博物館や美術館の中には、
入館料を無料にしたり、様々な催し物を開催する所もあります。

ぜひ、この意義ある記念日に博物館や
美術館を訪れて見聞をひろげ、知識を深めてはいかがですか?

博物館(はくぶつかん)とは?

特定の分野に対して価値のある事物、学術資料、美術品等を
購入・寄託・寄贈などの手段で収集、保存し、

それらについて専属の職員(学芸員、キュレーターなど)が研究すると同時に、
来訪者に展示の形で開示している施設でです。
ですから、あなたも訪問してどんどん知識を深めましょう。

ミュージアム(英: museum、英語発音: [mjuːˈziːəm])と
英語風に呼ぶこともあります。

多くは自然史・歴史・民族・美術・科学・技術・交通・海事・航空・軍事・平和など、
ある分野を中心に構成され、収集された資料に基づく研究成果を公刊すると同時に、
来訪者がその分野について幅広く知識を吸収できるように工夫されています。

また、

美術館とは?

美術館は、美術品を主として対象にする専門博物館の一分野であり、
英語を始めとする欧州各国語でも博物館の概念に包まれています。

美術館は、博物館の一形態という性質上、
収蔵品の蓄積が展示と並んで重視されています。

展示を中心とする施設には
ギャラリー(英: Art Gallery)があります。

ただし、美術館とギャラリーの境界はあいまいで、
中間的な施設も多いです。

類義語として絵画館(ピナコテーク、独: Pinakothek)や
彫刻館 (グリプトテーク、独: Glyptothek)などがあります。

なお、博物館の英訳、museum(ミュージアム)は、ギリシャ神話に登場する
詩・劇・音楽・学芸の女神達であるムーサ (古希: Μοῦσα) に由来します。

ヘレニズム時代、ムーサを祀(まつる)神殿であった
ムセイオン(古希: Μουσειον、羅: Musaeum)は、
ムーサが象徴する文芸・学問を研究するための学堂となり、

図書や絵画を収める収蔵施設も設けられていましたが、
ローマ帝国の衰退とともに滅亡してしまいました。

後の文芸復興(ルネサンス)期に、
ムセイオンの語は珍しいものや
芸術品を収蔵する施設の名として復活しています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする