ボジョレーヌーボーとは新しい物好きの人向けワインなの?2017解禁日や人気の秘密!

Pocket

秋になると「ボジョレーヌーボー」という言葉が飛び交い、
ワイン好きの人にはその解禁日が待ち遠しくなりますね。

2017年は11月16日が解禁日です。

でも、ワインにあまり詳しくない人からすると、
ボジョレーヌーボーって何がそんなにすごいの?
と思ってしまうのではないでしょうか。

実は私もそうでした。
何が違うのか試してみようとワインショップで見たボトルは
若さ、フレッシュ! これ何?でした。

そこで、ボジョレーヌーボーがどんなワインなのか、
どうしてそんなに人気なのか、その秘密を知ったら、
あなたも解禁日が待ち遠しくなるかもしれませんよ!

どれを選べばいいの?おすすめのボジョレーヌーボー
今年はボジョレーヌーボーを試してみよう!

スポンサーリンク

ボジョレーヌーボーとは毎年作られる新酒のこと

ボジョレーヌーボーとは、
フランスのブルゴーニュ地方にあるボジョレーという地区で造られるお酒のことで、
「ヌーボー」には「新しい」という意味があります。

ボージョレヌーボーとも呼ばれます。

ボジョレー地方は

花崗岩質で、
石灰粘土層の土壌で、
ワイン用のブドウの栽培に適した土地なのです。

ワインというと何年も熟成されて、
古いものほど価値があるのでは?と思いますよね。

でもボジョレーヌーボーはその年に収穫されたブドウで作られた新酒のことなのです。
熟成期間はたった6週間!その新鮮さが魅力の一つです。

もともとは、ブドウの収穫に感謝し、
その年のブドウの出来を確かめる意味もあって作られていたワインでした。

生産者の1年間の苦労をねぎらい、
収穫を祝うためのお酒だったんですね。

毎年解禁日が世界中で大々的にお祝いされますが、
今年もいいブドウが採れたという自然の恵みに感謝する
お祭り的な意味もあります。

ボジョレーヌーボーの解禁日の秘密

現在、ボジョレーヌーボーの解禁日は毎年11月の第3木曜日と決まっています。

つまり今年、「2017年は11月16日の木曜日』となります!

その解禁日はなぜ決められるようになったのでしょうか

ワインの質を落とさないため
ボジョレーでは昔からワインが作られていましたが、
以前はワインの解禁日はすべて12月15日と決められていました。

ボジョレーヌーボーのみ解禁日を早めて欲しいという
生産者の要請によって、11月11日に変更されました。
その後1967年に、11月15日に変更なりました。

この解禁日は、ワインの品質を落とさないため。
ボジョレーが世界で注目を浴びたことで、
ワイン業者や生産者が激しい競争を繰り広げるようになりました。

1日でも早く出荷し、売り出そうと競争が激化し、
質の悪いワインも出回ってしまったため、
ワインの質を維持するために解禁する日を国が決めたのです。

ところが日にちを固定してしまうと、
その日が日曜日に当たった場合、
ほとんどのワインショップがお休みであるため、
売上に大きな影響が出てしまいます。

そこでフランス政府は1984年に
「11月の第3木曜日午前0時」に設定することにしました。

世界で最初に解禁されるのは日本

なぜか日本人はこの新酒が大好きで、
ここ数年は輸入量が減っているとはいうものの、

輸入量は第1位
全生産量の約4分の1に当たる
のだとか。

なぜ日本でここまで人気が出たのか、
それは渋みのないフレッシュな味わいと、
初物好きな日本人の気質によるところがおおきいですね。

ボジョレーが日本に入ってきたのは1985年、
バブル経済が始まる前年でした。

そして日付変更線の関係で、
世界で最初に解禁されるのが日本なのです。
本国よりも早く解禁日を迎えます。

そういったことも、
ボジョレー人気の秘密かもしれませんね。

ボジョレーヌーボーが単なる新酒だと思っていたら大間違い!
他のワインとはひと味違うんです。

ボジョレーヌーボーとして認められるための制約・条件

ボジョレーで作られていれば
なんでもボジョレーヌーボーになるわけではありません。

政府から認証を受けるには、

・ボジョレー地区で作られていること
・その年に収穫したブドウで作られていること
・ブドウの品種はガメ種であること
・マセラシオン・カルボニック法(炭酸ガス浸潤法)で作られていること
・アルコール度数が9度以上であること
これらの条件を満たしたものがボジョレーヌーボーとして認められるのです。

スポンサーリンク

黒ブドウ(ガメ種)から作られるフレッシュなワイン

ボジョレーヌーボーは
ガメ種という品種のブドウから作られる赤ワインです。

白ワインはボジョレーヌーボーとしては認められていないのです。

夏の終わり(8月の末頃)に収穫したブドウを使います。
そこからたった数ヶ月で出来上がるワインなので、
熟成された旨味よりもフレッシュさを味わうワインです。

赤ワイン独特の渋みや深みが少ないのが好みの人には少し物足りなく感じられ、
逆に、渋みや深みが苦手な人にはとても飲みやすいと人気があります。

ボジョレーヌーボーは他とは違った製法を採用!

普通のワインはブドウの粒をつぶしてから発酵させますが、
このワインはブドウの房をそのままタンクに入れて自然発酵させます。

ブドウの重みで自然ににじみ出た果汁がたまり、
発酵の過程で炭酸ガスが発生します。

この製法を「マセラシオン・カルボニック法(炭酸ガス浸潤法)」といいます。

発酵が始まるとタンクの中は炭酸ガスで満たされ、
その中で醸造されるので黒ブドウの果皮の色素や香りが出やすくなると言われています。

グラスに注いでみると
普通の赤ワインよりも色が濃く、
香りもフルーティーなのはこの製法だからこそです。
また、ブドウのもつ酵素によって

アミノ酸
コハク酸
アルコール
などが生成されるので、タンニンの渋みが少なく、
まろやかな、味わいのあるワインになります。

ボジョレーヌーボーとして解禁されるのは4種類限定

ボジョレー地区で作られるワインですが、
主に4つの種類に分けられます。

ボジョレー(地方)
ボジョレー・シュベリール(地区)
ボジョレー・ヴィラージュ(村)
クリュ・ボジョレー(畑の)
作られる範囲が狭くなるほど規定が厳しくなり、
かつできるワインも高価になります。

ボジョレーヌーボーを美味しく飲むには・・・

数も限られたボジョレーヌーボーを美味しく飲むには
どのようにすればいいのでしょうか。
そのポイントをご紹介しますね。

ボジョレーヌーボーは冷やして飲む
私はこれが一番だと感じています。

そのわけは、
ヌーボーは酸味がありますので冷やした方が飲みやすくなるからです。

ワインの温度は好みもありますが、
ボジョレーヌーボーは少し冷やして飲むのがおすすめです。

普通の赤ワインは冷やしすぎると渋みが強くなってしまうので、
飲みにくくなるのですが、ボジョレーヌーボーは
元々渋みが少ないので、冷やして飲んでも美味しいのです。

食事の前に1時間くらい冷やして、
12〜14℃くらいにいして飲むといいですよ。

賞味期限は2〜3ヶ月

ボジョレーはフレッシュさを楽しむワインなので、
長期保存には向いていません。

購入後は早めに飲みきった方が美味しくいただけます。
できれば年内に飲みきるのが理想です。

時間経つほど味も香りも落ちてしまうので、
2〜3月の間には飲みきってしまいましょう。

ボジョレーヌーボーの品質を落とさない保存方法

普通のワインのように熟成させる必要は無いので
寝かせておく必要はありません。

ただ、買ってきてすぐに飲めない時は、
品質を落とさないために冷暗所で保存して下さい。

ワインに適しているのは、

室温13〜15度
湿度70〜80%
くらいだとされています。

冷蔵庫では少し冷たすぎるので、
あまり室温の上がらない涼しい場所を探して下さいね。

でもできれば保管しておかないで
すぐに飲んだ方が美味しくいただけます。

飲み残してしまった時、次も美味しく飲むための保存方法

一人で飲んで、1本飲みきれなかった時は、空気に触れないように、
小さめのビンに移して保存すると良いでしょう。

そのまま冷蔵庫で数日保存できます。

もしくは、
次に飲む時はフルーツやスパイスを加えて、
ホットワインとして飲むのもおすすめです。

ボジョレーヌーボーにピッタリなお料理

ボジョレーはくせのないワインなので、
肉料理はもちろん、パスタなどにもあいます。

一般的な赤ワインの時よりも
さっぱりした料理の方があうかもしれません。

赤ワインですがとてもフルーティーで軽いので、
魚料理やサラダにもよく合います。

ボジョレーに合うチーズとは?

ワインとチーズは最高の組み合わせですが、
ボジョレーにあわせるなら、
クリームチーズなどの食べやすいチーズがあいます。

逆にヤギのチーズなどくせのあるものは、
チーズの香りに負けてしまうかもしれません。

ボジョレーに合う肉料理は脂身の少ないもの

赤ワインといえばお肉でしょ!
と普段はそういう人は多いかもしれません。

ところが、ボジョレーにあわせるなら、
脂身の多いお肉よりも、
ローストビーフなどのさっぱりしたお肉の方があうでしょう。

意外と合う和食、ボジョレーヌーボー

和食にも合うんですよ意外と。
私は、お刺身にはピッタリのワインだと感じています。

また、
鍋料理がおいしくなる季節です!それにも合いますね。
ちょうどボジョレーが解禁される頃は。

など、日本の調味料とも相性がいいので、
日本酒がお好きな方にもおすすめです。

結局どれを選べばいいの?

おすすめのボジョレーヌーボー

初めてボジョレーヌーボーを買う時は、どんなものを選べば良いのでしょうか。

2000〜3000円くらいが人気

ボジョレーは購入しやすい価格帯も人気の秘密です。

ワインショップやスーパーなどでは1本1,000円くらいから3,000円くらいのものが人気があります。

  2017年8月の「ボージョレ・ヌーヴォーの情報」
2017年もブルゴーニュの名門『アルベール・ビショー』より、ボージョレ・ヌーヴォーの情報をお届けします。
今回皆様にお知らせするのは、7月初めまでのボージョレ地区のブドウの生育状況です。今のところ、ボージョレ地区のブドウ畑は理想的であり、とても健全な状態にあると言えます。例年よりも開花が早いことから、収穫は8月の下旬から遅い地域でも9月の中旬ごろを計画しているところです。上記の日程ですと、2015年ヴィンテージとほぼ同じタイミングになると予測しています。今の良好な天候が夏季も安定して続くことを期待しており、ボージョレの全地区において十分に成熟することを祈っています。また、過度な水分ストレスを防ぎ、ブドウの成熟が正しく進行するためにも、昨年見舞われた雹ではなく適度な降雨に期待しています。

ブドウが良好な衛生状態にあることは、完璧な状態で醸造できるということでもあり、良好な色合いとアロマを持つワインになるでしょう。
ボージョレ・ヌーヴォー解禁日、11月16日(木)を楽しみにお待ちください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする