年越しそばっていつ食べるのかな? 年越しそばの由来は?

Pocket

年越し蕎麦(そば)とは、
大晦日(12月31日)に
縁起を担いで食べられる蕎麦のことです。

スポンサーリンク

大晦日のいつ頃に年越しそばを食べるのが正しいのか?

日本における年越し蕎麦(そば)関連の各種調査では、
「大晦日に年越し蕎麦(そば)を食べる」
と回答をしている人が多数を占めます。

大晦日に夕食或いは深夜の夜食として
食べる人が多いとのことです。

大晦日に蕎麦(そば)を食べる人が多いことから、
大晦日のお蕎麦(そば)屋さんでは
持ち帰りのみで店内での提供を中止する所が多いようです。

今では
予約を取って店頭で渡すような風景が見られます。

実は私も数年前からこの方法で調達しています。
お蕎麦(そば)は好きですし、タレがついてきますので
ざるそばでも、天ぷらそばでもいいですから。

なぜ”蕎麦”は細いのかを考えると?

年越し蕎麦の由来とされる説は、
「細く長く達者に暮らせることを願う」
というものがもっとも一般的です。

でも、それだけの事でしたら
うどんでも良いような気がしますが。

また、
金銀細工師が金粉を集める為に
そば粉の団子を使用した事から
「金を集める」縁起物とも言われています。

この説であれば
なんとなく納得できますね。

いつ頃から食べるようになったのでしょうか?

元々、江戸時代中期(特に商家において)には
月の末日に蕎麦を食べる
「三十日蕎麦(みそかそば)」という習慣があり、

大晦日のみにその習慣が残ったものと考えられています。
年越し蕎麦は、江戸中期ごろに始まっています。

その当時の江戸中期ごろから
江戸患い(脚気)が流行り出し、

「そばを食べている人は脚気にならない」と言われ、
蕎麦が江戸で流行した記録があります。

私もこのような話を父から聞いていましたね。
実は父が製粉工場に勤めていたので納得していましたが。

鎌倉時代の博多承天寺「世直し運そば」、
ソバ殻を焼いた灰で洗うと汚れが落ちるから
「旧年の汚れを落とす」とする説もあります。

また、
11月から12月は新そばの季節であり都合がよい。

ああ、この説は納得性がありますよね。
そば好きにとっては待ちかねていたので
さらに納得性が増します。

記録としては、
1756年(宝暦6年)の眉斧日録には
「闇(やみ)をこねるか大年の蕎麦(そば)」と記述されています。

スポンサーリンク

明治時代・大正時代の大阪うどんの老舗では、
商家でも「年越し蕎麦は注文が殺到した」と記述されています。

1812年(文化9年)の旅行記によると、
東北や甲信越では正月に祝い蕎麦(そば)を打つところもありました。

萬松山 承天寺(ばんしょうざん じょうてんじ)
日本におけるうどん・そば・饅頭などの粉食文化や博多織の発祥地。また、博多祇園山笠の発祥地でもあります。鎌倉時代(1242年)、弁円(円爾)が、太宰少弐藤資頼や宋人貿易商で巨万の富を有していた謝国明の助力を得て開いたお寺です。臨済宗東福寺派。弁円は没後日本初の国師号を与えられ、聖一国師と呼ばれています。■饂飩蕎麦発祥之地碑宋から帰国した弁円は「水磨」と言う水車による製粉技術を持ち帰り、うどん・そばの作り方を日本に広めたことから承天寺はうどん・そば発祥の地とされています。また、謝国明が大晦日、貧しい人々にそばをふるまったことが、年越しそばの始まりと言われています。■御饅頭所碑弁円は托鉢の途中で親切にもてなしてくれた茶店の店主栗波吉右衛門に酒饅頭の作り方を伝授し「御饅頭所」の看板を与えます。栗波吉右衛門は「虎屋」の屋号で酒饅頭を売り出しました。弁円の「御饅頭所」の看板は現在東京の虎屋に保存されています。

■満田弥三右衛門の碑

博多織は弁円と共に宋から帰国した満田弥三右衛門が持ち帰った唐織の技術が博多織の始まりとされています。江戸時代、幕府への献上品となった博多織の献上柄と言われる独鈷と華皿の模様は弁円の発案によるものと言われています。

■博多祇園山笠発祥之地の碑

1241年に博多の町に疫病が流行した際、弁円が木製の施餓鬼棚に乗り担がれて、疫病退散を祈祷して聖水を撒いて町中を回ったことが博多祇園山笠の起源とされており、7月の博多祇園山笠の際には承天寺前に清道が設けられます。

■洗濤庭

方丈(本堂)前の庭園は、方丈から見て手前に玄界灘を表現した白砂と奥に中国大陸を表現した緑がある枯山水の庭園です。通常一般には公開されていませんが、方丈で開催されるイベント時などに、見ることができます。
お庭をかく棒は20kgもあり、直線をかくだけでもたいへんだそうです。

年越しそば
年越しそばの由来には色々な説があるようです。
一つは有名な「細く長く暮らす」説、もう一つは「一年の苦労や災難を切る為」という説です。 かつて蕎麦が十割で打たれていた頃蕎麦は千切れやすくその頃の性質が後者の理由とも、麺を作るときに切り麺でつくるから、とも言われています。
更に金運説、金職人がそばを用いて細工や金箔を仕上げる事が金を集める、おめでたい縁起物としての説もあります。
しかし、現代では完全に風習として根付いていますし、また最もの利点は保存状態から茹でるだけで食事となるそばの簡便さ、食事を作る方にとって年末の忙しい時には手軽に出来るという事みたいです。
それで、個人的には年末・大晦日に手が空いた時に、来年の無事を祈って食べるのが一般的だと思います。「年越しそば」のことを別名「みそかそば」、「つごもりそば」、「大年そば」などとも呼ぶが、大晦日の夜にいわゆる「運そば」をたべるという風習は、そばにまつわる食習の中でもポピュラーなものである。「年越しそば」の起源については諸説があるようだが、江戸中期のころには、商家を中心にして毎月末にそばを食べる風習があり、これが大晦日に食べる年越しそばにつながったという説がある。そばは細く長くのびるということから、家運や身代、寿命などが永くのびるように縁起をかつぎ、地方によってはこれを「寿命そば」や「のびそば」と呼んだ。また、そばが切れやすいことから、旧年の苦労や借財などを切り捨てる意味で「年切りそば」、「借銭切りそば」を食べる風習があったという説や、金銀細工師が金箔を打つときにそば粉を用いると金箔の裂け目が防げ、金銀の粉を寄せ集めるときにもそば粉を使ったことから、そばで金を集めるという縁起で食べたという説もある。

文献によると、そば膳で正月を祝うという「そば嘉列」の風習も昔からあった。例えば文化一三年(一八一六年)の修験者の日記の記述に「甲州積翠寺村(甲府市)の辺は元朝七つ時(元日の午前四時頃)にそば切りを儀式に食し」たことが書かれており、続いて「親類近所より年札(年賀)の者へも蕎麦切りを出し、後に雑煮出る」とあり、正月四日まで方々で同じようにそばが振舞われたという。

●参考文献『手づくりのそば・うどん』『蕎麦辞典』

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする