おせち料理って、いつ食べるのですか? 大晦日の夕方?それともお正月?

Pocket

おせち料理って、いつ食べますか?

おせち料理はお正月頃に食べるもので、あえて言えば元旦に食べるものと
思っている方も多いでしょう。

でも、そうでない家庭もあるんです。
大晦日の夕方に食べるメニューはおせちを食べる家もあるとか?

結婚して初めて、実家によって違うことに気付いたと言う方も
いるんじゃないですか。

おせち料理は、いつ食べるのでしょうか?


スポンサーリンク

おせち料理いつ食べるか?元旦に食べる派は・・

お正月三が日に食べる特別な料理が"おせち料理”です。
3段重ねの重箱に、さまざまな料理をきれいに並べて、
詰めているものがそうです。

今はお正月の三が日におせち料理を
食べるのが一般的です。

よく言われているのが、三が日に奥さんを料理から解放し、休養させる
ためにあると言われています。

だいたいこのいわれはどこでも通じます。

しかし、水の神様、火の神様をお迎えするお正月に、
台所で水を使ったり、煮炊きするなどをするのは
忌み嫌う為と言うことから来ています。

それで、
おせち料理の日持ちのするものを作って
2~3日食べるようになっております。

スポンサーリンク

おせち料理は、家内安全、無病息災の願いを込めて
縁起を担いだものになっています。

お重を見ますと

数の子は、子宝に恵まれ子孫繁栄を願って。黒豆は一年間まめに働けますように。昆布まぎは、よろこぶの昆布にかけて幸せに過ごせますように。

 

と願を掛けています。

一年の始まりに
ふさわしい縁起の良いお料理を揃えて、
家族全員がそろってお屠蘇をいただいた後、
おせち料理を食べます。

おせち料理はいつ食べるか?、大晦日に食べる派は・・

おせち料理は元旦に食べるものと思っている方も多いでしょうが、
大晦日に食べるという家庭もあるんですよ。

つまり、その土地・地域によって違うのです。
私は北海道でしたからず~と大晦日に食べるものと思っていました。

それに、東北から北海道に移住した人の多くはやはり
大晦日におせち料理をたべています。

昔から
年男、年女などと言いますように、
新年を迎える時は縁起担ぎで
迎えの膳として食べます。

スポンサーリンク

大晦日におせち料理を食べ、
元旦はおせちの残りとお雑煮を食べます。

この習慣は大体同じですね。

最近は、お正月早々に営業をしているお店がありますので
わざわざ日持ちをさせる必要も少なくなりました。
同じものに飽きて手軽に買えるものを食べるようになってきています。

おせち いつ食べる?貴女はおせち料理は大晦日派?それとも元旦派?

31日の夕方までには年越しそばを食べ
おせち料理を少し食べるという家庭もあります。
私はどちらかと言うとこの方法です。

それで、おせちは元旦に残りを食べるというやり方になっています。

家庭内ですから
大晦日に食べるおせち料理は、大皿なとに盛り付け、
好きなものを取皿にとって食べていますよ。

でも、重箱に詰めることで


新年を迎えると言うすがすがしさは演出できます。
見た目も良いですから、お重がある家ではこの工夫もありですね。

まとめ(おせち いつ食べる)

おせち料理は、大晦日に食べる派と、元旦に食べる派
地方によって違いますね。

食べ方も、
年越しそばを加えて
バリエーションを持たせています。

いずれにせよ
新年の迎え、家内安全、無病息災の願いを込めて
おせち料理を食べる和食のキワミは良いですね。
守りたいですね。

おせちの由来
「おせち」は「御節供(おせちく、おせつく)」や「節会(せちえ)」の略であり、中国から伝わった五節供の行事に由来する。
奈良時代には朝廷内で節会(せちえ)として行われ、そこで供される供御を節供(せちく)と言った。現在のような料理ではなく、高盛りになったご飯などであったとされる。
この五節会の儀を一般庶民がならって御節供を行うようになったものと考えられている。もともとは五節句の祝儀料理すべてをいったが、のちに最も重要とされる人日の節句の正月料理を指すようになった。正月料理は江戸時代の武家作法が中心となって形作られたといわれている。
江戸時代、関西では「蓬莱飾り」、江戸では「食積(くいつみ)」、九州の佐賀・長崎などでは「蓬莱台・手懸け盛り」と称し歳神様に三方などでめでたい食べ物などを床の間に飾り、また年始の挨拶に訪れた客にも振舞ったり家族も食べたりした。
おせちから重詰めへの移行
傍廂(1853年)によれば天明の頃までは食べていたがそれ以降は飾るだけとなり、正月料理は重詰め等へと変化していく。膳に盛られた料理と重に詰められた料理が用意され、このうち膳に盛られた料理を「おせち」と呼んだ。のちの「東京風俗志」(明治34年)によるとお膳に供えた煮物を「御節」、重詰めしたものを「食積」と呼んでいる。
重箱に本膳料理であった煮染めを中心とした料理が詰められるようになり食積と御節の融合が進んだ。現在では重箱に詰めた正月料理を御節と呼ぶようになっている。重箱に御節料理を詰めるようになったのは明治時代以降のことと言われている。
重箱に御節を詰める手法が完全に確立した時期は第二次世界大戦後でデパートなどが見栄えの良い重箱入りの御節料理を発売したことによるとも言われている。正月料理の重詰めについては江戸時代の文化・文政年間の料理茶屋における料理の影響を受けているとみる説もある。(ウィキデータより)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする