七五三って、どんな意味? 何をするの? 栄養不足・健康への知識不足などの時代の祈願

Pocket

七五三って、どんな意味があるんですか?
いつやったらいいの?
と言った疑問をお持ちの方が意外と多いです。

そこで、七五三の意味とお祝いの仕方を整理してみました。

スポンサーリンク

七五三の意味

男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳の年の
11月15日に、成長を祝って神社などにお宮参りする年中行事です。

北海道等、寒冷地では
11月15日前後の時期は寒くなっていることから、
1か月早めて10月15日に行なう場合が多いです。

七五三は、本来は数え年で行います。
でも、現在は満年齢で行われる場合が多くなっています。

平たく言えば
七五三は、よくぞここまで無事に育ってくれた・・・。
と意味です。

そこで、氏神様(うじがみさま)にお礼と
今後のお願いをする儀式と言われています。

そもそもは、何故3歳、5歳?

今は当たり前のように子供は育ちますが、
昔は3歳まで生きられる事がすばらしい事だったそうです。

その上病気をしても
薬や治療がすぐにはできなかった近世までの日本は、
現在の開発途上国と同様

栄養不足・健康への知識不足・貧困などが原因で
乳幼児が成人するまでの生存率はきわめて低く、
その様な事から乳幼児の生存を祝う節目として定着してきました。

男児が女児よりも早く祝うのは
後継者としての意味合いもありますが、
女児よりも男児の生存率が低かったためです。

時代劇のドラマで
将軍家の子供も生後3~5才くらいで
いとも簡単に亡くなってしまうシーンがありますよね。

あれです。

例え将軍家の子供と言えども中々お子が育たなかったことから
すくすくと育つことはめでたいことなのです。

その他に、昔は戦(いくさ)がしょっちゅうあって
いつ命を落とすかわからない時代では、
側室をおいて、子を作って子孫を増やし
家系を絶やさないようにすることはとても大事な考えでした。

また、七五三は
現在では全国で盛んに行われていますが、
元来は関東圏における地方風俗であったものです。

尚、上方発祥の習俗としては十三詣りがあり、
これも徐々に全国に広がりつつあります。

参詣の時の服装は?3歳、5歳、7歳で違います!

子供の成長を感謝し、加護を祈って参詣しますが
その時の服装は、

スポンサーリンク

3歳は髪を伸ばす「髪置(かみおき)」、
5歳は初めて袴をつける「袴着(はかまぎ)」、
7歳は、それまでの紐付きの着物に代わって、
本仕立ての着物と丸帯という
大人の装いをする「帯解(おびとき)・紐落(ひもおとし)」の名残りです。

洋服の場合もありますが和服の方が多いですね。
少女は、この時に初めて化粧(厚化粧の場合が多い)をして貰う場合が多いです。

千歳飴は縁起物!

七五三では、千歳飴(ちとせあめ)を食べて祝います。

千歳飴は、
親が自らの子に長寿の願いを込めて、
細く長くなっており(直径約15mm以内、長さ1m以内)、

縁起が良いとされる
紅白それぞれの色で着色されています。

千歳飴は、
鶴亀(つるかめ)や松竹梅などの
縁起の良い図案の描かれた千歳飴袋に入れられています。

千歳飴は、江戸時代の元禄・宝永の頃に
浅草の飴売り・七兵衛が売り出したのが始まりとされています。

まとめ

七五三の意味は、
男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳の年の
11月15日に、成長を祝って神社・寺などに詣でる年中行事です。

そもそもは、何故3歳、5歳?
今は当たり前のように子供は育ちますが、
昔は3歳まで生きられる事がすばらしい事だったからです。

参詣の時の服装は
3歳、5歳、7歳で違います!

千歳飴は縁起物です。
七五三では、千歳飴(ちとせあめ)を食べて祝います。

宮参りとは
生後初めて氏神に参って氏子となることで、初宮参りともいう。日取りは30日前後が多く、所によってお七夜にする所もあり、100日ごろにする例もある。初宮参りをヒアケ、ヒハレ、シメアゲ、ウブアケなどというのは、この日で生児の忌みが晴れるので、産屋明けに氏神への初参りをするのである。
産の忌みはコユミ(子忌み)三三日、オヤユミ(親忌み)七五日といわれるように、産婦にもっとも重く、ついで生児、次に夫、家族という順になっている。したがって、母子双方の忌み明けを待って、75日、100日目に参る所や、西日本ではモモカマイリといって100日目に参る例が多い。30日前後の宮参りに鳥居参りといって、鳥居までしか参らぬ所がある。もちろん母親の忌みが明けぬことも理由の一つであるが、その地方の産の忌みの観念の強さにもよる。
仲人(なこうど)の女親(仲人の妻)や産婆、姑(しゅうとめ)などがハレギを着せた児を抱いて参る。氏見せ、ゲンゾ(見参)参りなどといって、新しい氏子を氏神に引き合わせるのが目的で、わざと子を泣かせたりして、神に印象づけ将来の加護を祈る。
社前に赤飯や御神酒(おみき)を供え、赤飯はついてきた近所の子供たちに、お仲間入りといってすこしずつふるまう。
宮参りの帰りには祝いをもらった親戚(しんせき)へ寄り、シラガというオヒネリを産着の紐(ひも)に結んでもらって、長生きするように祝ってもらう。宮参りは生児が初めて社会的に承認され、地域の一員となるという第一の手続でもあった。

千歳飴(ちとせあめ)とは?
飴菓子の一種。米と麦芽を糖化させてつくる紅白の棒飴で、せんざい飴、千年(せんねん)飴、寿命飴ともいい、新生児や七五三の子供の宮参りに祝い菓子として商われる。松竹梅や鶴亀(つるかめ)など、めでたい色絵をあしらった縦長の化粧袋に入っている健康長寿の縁起飴で、神社によっては供饌(ぐせん)菓子として護符がわりに分けるところもある。
千歳飴の売出しは、1615年(元和1)に大坂の平野甚左衛門が江戸に出て商った説と、元禄(げんろく)・宝永(ほうえい)年間(1688~1711)江戸・浅草の飴売り七兵衛が売った千年飴を始まりとする説がある。
江戸市中での七五三祝いは華美を極め、神社境内での千歳飴売りも大いに繁盛したという。(日本大百科全書(ニッポニカ)より)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする