ハロウィンの意味や由来は? カボチャと仮装?ごちそうをもらって楽しんでは!!

Pocket

ハロウィン、
あるいはハロウィーン(英: Halloween または Hallowe’en)とは、
毎年10月31日に行われる、
古代ケルト人が起源と考えられている祭のことです。

スポンサーリンク

もともとは秋の収穫を祝い

悪霊などを追い出す
宗教的な意味合いのある行事であったのですが、

現代では
特にアメリカ合衆国で市民の行事として定着し、
祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっています。

カボチャの中身をくりぬいて
「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、

子どもたちが魔女やお化けに仮装して
近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがあります。

英語圏では「ごちそうをくれないと、いたずらしちゃうぞ」?

英語圏では、
子供たちが「Trick or Treat(トリック・オア・トリート)」
という言葉(直訳では「いたずらか、ごちそうか」で、

聞いている側としては
「ごちそうをくれないと、いたずらしちゃうぞ」という
ニュアンスに聞こえる言葉)を唱えながら家々を訪ね、

お菓子を集めて回る習慣がありますが、
これは古い英語で wassailing と呼ばれる
クリスマスの時期の酒宴の習慣に似た、
ソウリング(souling)と呼ばれるヨーロッパの習慣から発展したといわれています。

子供たちに訪問される側の大人たちは、
子供たちのためにあらかじめお菓子を大量に用意して待っています。

地域の大人たちと子供たちが交流できる機会になっています。

日本にも「ローソクだーせだーせよ! 出さないとひっかくぞ!」と子供たちが

日本にも似たようなことをする行事がありますね。
地方によっては違うようですが、

スポンサーリンク

私の小さいころにはお盆の時期に
「ローソクだーせだーせよ! 出さないとひっかくぞ!」
のようなことを言いながら

近所の家を
子供たち5~6人で回ってはねだっていました。
ローソクでも、お菓子でもいいんです。

近所のお母さんたちは、その時のために
何かあげるものを用意していていました。

ほのぼのとして懐かしい気持ちになりますね。

アメリカなどのハロウィンでは霊・魔女・コウモリ・悪魔・黒猫が

アメリカなどのハロウィンでは
仮装することが流行しています。

日本でもこの行事を取り入れて
楽しんでいますね。

ハロウィンで仮装されるものには、
(アメリカでは、基本的には)「恐ろしい」と思われているものが
選ばれる傾向があります。

たとえば
幽霊・魔女・コウモリ・悪魔・黒猫・バンシー・ゾンビなどの
民間で伝承されるものとか、

ドラキュラや狼男・フランケンシュタインのような
欧米の怪談や恐怖小説に登場する怪物が含まれています。

ハロウィン前後の時期には、
これらのシンボルで家を飾りつけます。

ただし、
20世紀後半のアメリカでは、
お姫様・海賊などといった人物

しかもあまりリアルな姫や海賊ではなく、
ディズニー的でアメリカ流にアレンジして

ステレオタイプ化され
キャラクター化された登場人物や、
あるいはスパイダーマンやバットマンなどです。

アメリカ人に人気の
漫画・映画のキャラクターの仮装も行われるようになった。

大人になると看護師・メイド・ヒッピー・フラッパーなどに仮装したり、
異性装をする例もあります。

見る人にあまりに不快感を与えないような仮装であれば
何でもかまわないと考えられています。

日本での始まりはどこで?

日本ではあまり馴染みのなかったハロウィンでありますが、
1990年代後半より始まった
東京ディズニーランドのイベントを筆頭として、

各地でのハロウィンイベントの開催が増えたこと、
さらに2000年代後半より菓子メーカーが
相次いでハロウィン商戦に参入したことなど

これを契機としながら、
ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の普及にも後押しされて
市場規模が拡大して来ています。

同時期、
店頭・街中でのハロウィン装飾が見られるようになったほか、
百均やドン・キホーテなどで手軽に楽しめる装飾品などが
手に入るようになってきました。

特に20代のおとなによる仮装・コスプレのイベントとして
日本式にアレンジされたハロウィンが行われています。

モノからコトへ?

モノの時代から
事の時代へと変わってきていると言えます。

モノ消費から、参加型の行動・体験型へと変化してきています。
あなたも楽しんでは如何ですか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする