統合失調症の陰性症状は、うつ状態と似ているけど?うつ病ならセロトニンが改善・予防する!?

Pocket

セロトニンが
うつ病を改善・予防する上で
とても大事なものだということが
新聞・報道などでも言われていて、

うつ病の話には
必ずと言っていいくらい登場します。

私の身の回りには
多くの方がうつ病に悩まされています。

スポンサーリンク
 

現代の生活は
あまりにも忙しくて
振り返って自分を見つめることさえできなくなっています。

意識して
身体を動かしたり
気分転換を積極的に取り入れたり
スローフズを食べるようにする

などしないと
精神的なバランスが崩れてしまいます。

自分もうつになりかけたことがあって
その経験からあなたに役に立てばと思い
言葉にしてみました。

お役に立てれば幸いです。

うつ病とセロトニン

うつ病を発症するメカニズムは
はっきりと解明されていないですが、

このセロトニンなどの神経伝達物質の異常が
影響しているというのが有力であり
個人差はあるようですが治療法としても有効のようです。

セロトニンとは人間の身体に100以上あると
されている 神経伝達物質 の1つです。

特に、
・セロトニン
・ノルアドレナリン
・ドーパミンが
三大神経伝達物質 とされていて、

セロトニンは精神神経の抑制作用があり
ノルアドレナリンとドーパミンは逆に興奮作用
が主であるそうです。

スポーツ選手がアドレナリンが出た
などといっているのは活性化させる働きの方です。

セロトニンが不足してしまうと
精神のバランスが崩れてしまうのですね。

セレトニンのはたらき

セロトニンの作用としては、

・気分・感情のコントロール
・衝動的な行動や考え・依存の抑制
・意欲を持ち活動させる作用
・抗ストレス作用
・睡眠リズムへの作用
などがあります。

人間としての生きていく上での
精神的な部分に関わりが強いですね。

これだけ大事なものが減っていけば
どこかの症状になって現れてきてしまうことは
想像できますね。

セレトニンが減るわけは?

セロトニンが減るといろいろな症状がでることは
わかりましたが、

じゃ、何故減ってしまうのでしょうか?

・乱れた生活習慣
・慢性的なストレス
・運動不足
・日光浴不足
・睡眠不足
・無理なダイエット(ストレスの原因でもある)

これらが原因と言われています。

少なからず自分もセロトニンが減るような
一つや二つやっていて当てはまります。

スポンサーリンク

セロトニン減少に関することは
普通にやっているのではないでしょうか?
時々やっていますよね。

こういった背景から
うつ病等の精神疾患が現代人は多い理由
なのだろうと感じますね。

セロトニンは増やせるか?

単純にセロトニンを増やせば治る!
というものではありませんが、

増やすことで改善に繋がるのでは?
ということで増やす方法を調べました。

太陽光が一番大事

太陽の光を浴びることで
セロトニンは活性化するそうです。

心身の健康にも大切なものなので
外に出なくても1日5分でも10分でもかまわないので
日光浴をしましょう。

生活リズムを整えるという点でも
特にうつ病などで療養中の方は
積極的に日の光、とりわけ朝陽を浴びるようにしょう。

朝起きて一日の生活のリズムを整える習慣を
作るようにすることが大事で、大変効果的です。

このリズムを作るだけで効果は出るでしょう。
私はこれが大事と考えていますよ。
朝活はいいですね。

昔の人は太陽と共に起きて
太陽が沈む頃に眠る
狩猟民族?農耕民族?どちらにも当てはまりますね。

人間の基本的な生活リズムは
朝起きて活動し夜寝ることです。

このリズムを守ることが大事で
ストレス解消にも繋がります。

それと、
眠りの質の確保と
眠る時間の確保を致しましょう!

太陽の光が気持ちいいと感じるのは
人間の本能のようなものなんですね。
小鳥や、動物も太陽の光を大事にしていますよ。

軽い運動

特に リズム運動 が効果的です。
スクワット、階段の昇降、ウォーキング
が手軽にできる運動です。

私はウォーキング派です。
毎朝、30分は歩いていますよ多少の雨でも。

運動とは少し違いますが手軽にできることで
咀嚼(そしゃく)も非常に効果的です。

よく噛んで食べることで
あごの運動が脳への刺激として伝わる
と言われています。

一定のリズムで行う運動が
セロトニンを活性化させるそうです。

もちろん単純に運動不足も改善されるので
心身共に健康になりますね。

腹式呼吸

腹式呼吸をするヨガや
歌を歌うことなども効果がありますので
ストレス解消にも効果がありそうですね。

呼吸が浅くなっているとしっかりと酸素が体の中まで
届かないので深呼吸もいいですね。

慢性的なストレスもセロトニン減少の
原因になるので、

ダンスで踊ったり、
カラオケでおもいっきり歌ったりすることは
ストレス発散によいと言われる行動で、

セロトニン減少を予防することに
繋(つながり)そうです。

スキンシップをする

ハグはストレス解消にいいというのは
有名な話ですが、

家族や恋人、友達など
親しい間柄の人とのスキンシップは
効果があるそうです。

ハグは苦手と言う人とは
握手をしたり、手を握ったり、
やさしくさすったりすることは

確かに安心したり、
落ち着いたりすることできます。

辛いことがあった時に
人に話を聞いてもらいたくなったり
風邪に当たったり、

遠くを眺めていたいという感覚とかも
こういったことを求めるからでしょうか。

食事から摂取する

食事からセロトニンを摂取する方法ですが
トリプトファン というアミノ酸から
セロトニンは生成されます。

トリプトファンは
タンパク質が多い食品ほど多く含まれるので
積極的に食事に取り入れるといいですね。

まとめ

セロトニンは人間が生きていく上で
とても大切なものだということがよくわかりました。

セロトニンは神経伝達物質の1つで、感情を抑制させる働きをしている
セロトニンが減ると心身のバランスが崩れやすくなってしまう
セロトニンが減る理由は慢性的なストレス、運動不足や不規則な生活から

規則正しい生活がなにより大事です。
そして、セロトニンを活性化させるようにもできるkとが分かりました。

私の経験からあなたに役に立てればと思い
言葉にしてみました。

お役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする