こどもの日端午の節句の食事とお料理、お祝いの仕方

Pocket

お節句に何をしたらよいのか迷っている
お母さん・お父さんが、

節句の意味と謂われ、
日本の文化や慣習を知って
健やかな子供の成長を願って
お料理してお食事をして、お祝いすることは、

親、子、孫へと受け継いで行くことで、
親としてその役割を果たし、
人として成長していくことにつながります。

せっかくの機会ですから
身をもって体験しましょう。

そして、
きっと子供たちに伝わることでしょう。

スポンサーリンク
  

こどもの日端午の節供(節句)のお食事

「こどもの日」「端午の節供」に
欠かせない食べものといえば
「粽(ちまき)」と「柏餅」です。

なぜ、5月5日に「粽」や「柏餅」を食べるのでしょうか。
日本全国的なものですが、
多少、どちらがより親しまれているか違いがあるようです。

粽(ちまき)の由来は、
童謡「背くらべ」
(作詞:海野厚、作曲:中山晋平)によ~く
現れていますように、

その詞は、
「柱のきずはおととしの  5月5日の背くらべ
 粽(ちまき)食べたべ 兄さんが
 計ってくれた 背の丈
 きのうくらべりゃなんのこと やっと羽織の紐の丈 ♪」

お兄さんが食べていた粽(ちまき)を
取り上げ、表現されています。

粽(ちまき)は餅菓子の一種で、
もち米・うるち米・米粉などで作った餅を、
笹・真菰(マコモ)・茅(チガヤ)などの葉で巻いて
長円錐形または三角形に形作り、
イグサで縛ったものです。

古くはチガヤ(イネ科の多年草)の葉で餅を巻いたところから
「ちまき」と呼ばれています。

この粽(ちまき)を5月5日に食べるようになったのは
中国からの伝来によるものとされています。

スポンサーリンク

一方、柏餅の由来
粽(ちまき)が中国伝来なのに対し、
柏餅は江戸時代に江戸でうまれた日本独特のものです。

柏餅を包んでいるのはもちろん柏の葉です。
柏は昔から神聖な木とされており、
新芽が出ないと古い葉が落ちません。

その様子を「子供が生まれるまでは親が死なない」、
とされそれゆえ「跡継ぎが途絶えない」「子孫繁栄」に
結びついた考えによるものです。

ですから、
端午の節供の縁起の良い食事となりました。

こどもの日端午の節供(節句)のお料理

お祝いの仕方としては、
粽(ちまき)と柏餅を中心に季節の三皿を添えて
男の子のいる家では,端午の節句に
親しい人たちを招いてお祝いをします。

もてなす方法は
ひな祭りとほぼ同じように考えればいいでしょう。

この日の祝い膳には
粽(ちまき)と柏餅がつきものです。

粽(ちまき)はもち米とうるち粉,葛粉などを水で練り,
茅の葉で包んで蒸してつくります。

これは,中国の伝説にちなんだもので,
屈原という人が五月五日に
自らの命を断ったことを弔うために
供えたのが始まりだという言い伝えがあります。

柏餅は,神様に供える餅を
柏の葉で包んだことに由来するという説があります。

初節句でもない限り,
あまり盛大に人を招く必要はありませんが,

お祝いに訪れた人をもてなす場合には,
この粽(ちまき)や柏餅のほかに,

季節に合わせて鰹のたたきなどの
料理を用意すればいいでしょう。

また,赤飯や鯛のかぶと煮などの縁起ものや,
地方によっては出世魚と呼ばれるスズキや
ブリなどを並べた料理も喜ばれます。

こどもの日端午の節供(節句)のお祝いの仕方

もし、
お祝いに招かれた場合は,
お祝いのお金を包むよりは
お子さんの成長そのものをお祝いする意味から

むしろ、
菖蒲の花やケーキなどを手みやげにした方が
しっくりくるでしょう。

菖蒲の花に言葉を添えて
お祝いの気持ちを伝えると
送った意味を理解してくれるかも知れません。

例え言葉の意味が分からなくても、
こどもの親があとあと
折に触れお話してくれることでしょう。

こどもの健やかな成長に願いを
込めて節句を祝うことは
いつまでも続けて行きたいものですね。

もし、身近にお花を調達できなかった場合は
子供にミニカーやプラモデルとか,

手作り感のある
コマや竹とんぼなどの
伝統的な玩具を贈ってもいいかもしれません。

その時も
カードに一言添えてあげると
気持ちが伝わるでしょう!

まとめ

「こどもの日」「端午の節供」に
欠かせない食べものといえば
「粽(ちまき)」と「柏餅」です。

お祝いの仕方としては、
粽(ちまき)と柏餅を中心に季節の三皿を添えて
男の子のいる家では,端午の節句に
親しい人たちを招いてお祝いをします。

もし、あなたが
お祝いに招かれた場合は,
お祝いのお金を包むよりは、

お子さんの成長そのものをお祝いする意味からも
カードに一言添えてあげると気持ちが伝わるでしょう!

スポンサーリンク